バイナリーオプションを始めるなら国内業者が安全でおすすめ

By: Lenny K Photography

為替取引の中には、基準額よりも高いか低いかといった単純なルールで、すぐに結果が出る手軽な投資方法が用意されています。バイナリーオプションという取引方法で、初心者でも始めやすいことから注目を集めています。

同じ為替取引であるFXのような難しい知識や技術がいらないため、ギャンブル感覚で少ない資金で楽しめるメリットを持っています。バイナリーオプションを楽しむには、業者に口座開設をすることから始めます。海外の業者と国内の業者が存在しますが、国内の業者を選ぶと、儲けが出しづらくなることを、まずは知っておく必要があります。

短い時間での取引が禁止され、ペイアウト率を固定されるなどの規制が、2013年から始まっています。これに比べると、海外の業者の方が多彩な取引が可能で、大きく儲けられる魅力が詰まっています。しかし、初心者には海外の業者との取引はおすすめできません。魅力的な内容ではあるものの、怪しい業者が大変多いことで知られています。

日本においては金融商品取引業として登録しなければ、バイナリーオプションなどの金融商品を提供できない法律になっています。ですが、海外の業者の多くで登録を済ませていない状況です。公的機関への問い合わせでも、出金ができなかったり、解約ができないといった相談が相次いでいますので、できるだけ安全な国内の業者で取引を開始するのがおすすめです。(参考:バイナリーオプション おすすめ

国内の業者であれば、とても有名な企業が揃っていますので、トラブルなく取引できます。最低単位を10円や50円に設定している業者がいくつも存在し、少ない資金から始めることができます。

4通貨ペアや6通貨ペア、8通貨ペアなどの取引通貨があります。バラエティー豊かな取引をしたいのであれば、選べる通貨ペアの多い国内の業者を利用したいところです。スマートフォン専用のアプリが提供されている業者がほとんどです。アプリを使うことで、いつでもどこでも快適な取引を行うことができます。

バイナリーオプションにおける比較の大切さ

By: David DeHetre

バイナリーオプションは投資のひとつです。原理はとても簡単で、選択した外国通貨の価値が、設定された時刻には上がっているか、下がっているかを予想するだけです。もし予想が当たっていれば資金はプラスになって戻ってきます。逆に予想が外れた場合は、資金はゼロになってしまいますが、それ以上、マイナスになると言うことはありません。

他の投資と比較すると、原理が実に簡単明瞭であること、そして低リスクであること、短期決算も可能であることから、投資初心者にも取り組みやすい投資と言うことができます。ただし投資ですから、長期的に利益を確保しようと言うのであれば、やはり専門的に知識などを学んでおく必要はでてきます。

バイナリーオプションにおいて重要なのは、あらゆる面で比較することです。たとえばまずは、バイナリーオプションの対象とする外国通貨の選択です。これにおいては、より価値の変動が少ない、リスクの少ない外国通貨を選択することが求められます。

また過去のバイナリーオプションにおけるデータをたくさん持っている外国通貨であれば、同じような変動を見せた際にも適切な対処をとることができます。ですからこうした点を踏まえた上で、いくつかの外国通貨を比較しながら低リスク、多いデータを持っている物を選ぶことが望ましいです。

この際には自分で外国通貨について勉強するのは勿論のことですが、インターネットの力を利用するのもひとつの方法です。より多くのデータを、短時間で確認することができます。それからバイナリーオプションでは専用の業者を利用することになりますが、これには海外の業者も含まれています。

ただ全体的にリスクが低いのは、やはり国内業者の方です。業者を選択する際に比較したいポイントとしては、取引ができる最低金額がどれくらいに設定されているか、選択できる外国通貨の種類はどれくらいか、投資に際して未来の予測データなどを提示してくれるかどうかと言った点です。多くのデータを比較するのは手間のいることですが、よりリスクを軽減するためには欠かせないことです。

デモ取引きから入れるバイナリーオプション

By: Paul Sableman

バイナリーオプションはデモ取引から入ることが出来ます。デモというのは仮想の取引のことで、実際の値動きを利用しながら本物の取引と同じ手順や操作で仮想的に取引をするものです。デモとはいっても値動きは実際のものですし、使用するツールの機能は実際の取引と全く同じですから、これをすることでバイナリーオプションの取引に必要なことは全て分かることになります。

デモ取引をしてバイナリーオプション取引を理解した後は証拠金を口座に入金すれば本当の取引が出来るようになります。ですから、バイナリーオプションを初めてするような人の大きくこのデモ取引から入っています。

このバイナリーオプションはある一定期間後の将来の取引対象の価格を予想する取引で、その予想が当たれば収益に外れれば損失になるという取引です。そのため、非常にわかりやすくリスク管理がしやすいのが特徴です。取引をしてポジションをとった瞬間に最大の収益と最大の損失が確定しますから、その範囲でリスクを負うわけです。

多くの金融商品は収益がどれだけ出るか分からない代わりに、損失もどれだけ出るか分からないという側面があります。それが、このバイナリーオプションでは最大の収益も最大の損失も分かっているわけですから、その範囲で取引をすることが出来るという安心感がある取引といえます。

特に初心者にはこの安心感が最も注目されるといっていいでしょう。デモ取引きから始める人の多くは、出来るだけリスクを少なくしたいと考えている人が多いものです。バイナリーオプションは将来の取引対象の価格を予想するものですから、価格の上昇時でも下落時でも収益を上げる可能性があるのも特徴です。

また、レンジ相場で予想価格をレンジで予想することも出来るので、価格がほとんど動かないレンジ相場でも収益を狙うことが可能です。こうしたさまざまな相場局面で収益を狙うことが出来るのもバイナリーオプションの特徴です。

世界のマイナー通貨の特徴を知れば投資対象の幅が広がります

By: Kevin Dooley

世界の通貨はメジャーなものとマイナーのものがあるのでFXを始めるならそれぞれの通貨の特徴を掴んでおくと良いと思います。

世界には約200近い国がありFX会社が扱っている通貨ペアも年々たくさん増えてきています。マイナー系の通貨は特徴を知らないと投資するのが怖い部分もありますが、分散投資することでメジャーな通貨ペアで損失が出てもマイナーの通貨ペアで補える場合もあります。

メジャーの通貨ペアはドル円を始めとしてユーロドルやユーロ円、ポンドドルやポン円などが上げられます。メジャーな通貨になるほど為替の動向やニュースなどで報道される機会が多くなるので状況をつかみやすくなるのが特徴です。

他にも豪ドルやカナダドルも取引量が多いので経済ニュースの情報も多いといえると思います。世界の通貨の動きを知ればメジャー通貨の動きも連動してくるので特徴をそれぞれ知っておくのも良いかと思います。

メジャー通貨に近いカナダドルはアメリカドルに通じるものがあり、アメリカの経済も良くなってくればカナダドルも連動して良くなってきます。

オーストラリアの豪ドルは資源が豊富なので好材料のニュースが入ってくれば豪ドルが上がることがあります。

スイスフランは経済指標があるときにユーロの方が釣られて動くことがあります。経済指標のカレンダーを見るときドルやユーロの所しか見ないことが多いですがスイスの経済指標にも目を向けておくと良いと思います。

スイスフランはドル円にはあまり影響を与えない感じがしますが、指標前のユーロの動きがスイスフランの指標時間に合わせて動いてくることがあるのでスイスで経済指標があるときは注目しています。

アジアの通貨ペアで取引できるものでは香港ドルや韓国ウォンなどがあります。韓国ウォンはウォン高になってくると韓国政府が為替介入を行うことがあるのでドル円も影響を受けることがあります。

香港では日本時間の10時30分ごろから市場が開かれるのでそのときの香港ハンセンや上海の株価により香港ドルやドル円が影響受けてきます。

他にも南アフリカランドも注目されています。南アフリカはダイヤモンドや金などの鉱物資源に恵まれているので金の価格が上昇すると南アフリカランドも連動しやすくなります。

トルコリラはトルコ政府が高金利政策を取っているためスワップが魅力なので注目してみるといいかもしれません。

FXで扱っている通貨はそれぞれ特徴があるので、その国の経済状況を知っておくことでメジャー通貨への影響も理解できてくると思います。

FXのファンダメンタルを意識しておくと先が読めてきます

By: Jennifer Mathis

為替は全世界つながっているので経済状況が動くと通貨も変動してきます。経済状況を分析することを一般的にファンダメンタル分析と呼ばれています。

チャートでローソク足を分析していくのをテクニカル分析といいますが、ファンダメンタルとテクニカルの2つが複雑に組合わさってチャートが形成されています。

テクニカル分析するよりもファンダメンタル分析を行った方が先行きが読めることがあります。チャートでFXの動きを予測するのも大切な要素ですが、為替が動いたときに背景的なものを知っておいた方が動きについていけます。

経済的に発展していたり安定している国であれば通貨は高くなり、逆に不安材料の多い国の通貨は安くなっていきます。ユーロの中では一時ギリシャが離脱するかどうかでニュースにもなりましたが、弱い国があると通貨がかつてのジンバブエみたいになってしまうケースもあります。

ファンダメンタルは重要な経済指標があるときに大きく上下することがあるので、テクニカルとファンダメンタルを同時に見ていきながら投資していくスタイルを取るのが良いと思っています。

個人投資家の中にはテクニカル分析しかしないでファンダメンタルの方は無視している場合もありますが、指標があるときにはテクニカルは通用しなくなるのでファンダメンタル重視の方向で行っていった方が良いです。

ファンダメンタル分析の中で金利について知ることも大切な要素です。金利が上がることで一般的に通貨も良くなってくるので、政策金利発表時の指標時間は大きな乱高下になることがあります。

政策金利は日本だけでなくアメリカのドルやヨーロッパのユーロ、イギリスのポンド、スイスのフランなど通貨を発行している国すべてにあります。経済ニュースなどで発表される日付と時刻を把握しておき、前回と比較して据え置きなのか変更があるのか意識しておくと急な動きに対処できます。

金利以外にも雇用統計や工業指数などの結果次第でFXは大きく動くことがあるのでファンダメンタル分析は欠かせないです。過去の指標発表時のグラフがそれぞれあるので、今回発表される予想値と比較しながら推測していくと、経済指標発表時にチャートが上行くか下行くかおおよその検討がつくようになります。

FXで自動売買するならイフダンやOCOなどを活用すると便利です

By: Jose Luis Cernadas Iglesias

FXで売買するときに最初は成り行き注文だけを行っていましたが、それだとずっとチャートを見つめていなければならず夜遅い時間まで起きていたこともあり寝不足になりがちでした。

自動売買という方法があるのは知っていたけどツールを導入しなければ使えないと思い込んでいたので面倒でしばらく成り行き注文だけで取引をしていました。

FX会社の注文の種類を見るとIFDやOCOなどいくつかの注文方法があるのを知り、自動売買のツールをダウンロードしなくてもFX会社が用意した注文を使えばチャートを見続けていなくても良いことを知りました。

自動売買で使う頻度の多いのがIFDというイフダン注文です。イフダンは買いと売りが同時に出せるので取引きが成立したら次の決済の反対売買が自動的にセットされるので便利です。二つの反対売買の注文は最初に行った注文が成立したら有効になるのでパソコンの前にいなくても安心して取引ができます。

用事があったときパソコンから離れて外出して戻ってきたらチャートが急転直下していて慌てて損切りしてしまったという経験が今まであったのでイフダンのような自動で決済できる機能があるのはありがたいことです。

イフダンの注文方法は例えば120円で指値注文を入れたら121円で利益確定の指値注文を入れたり119円の逆指値の注文を入れることができます。

他にも一度に二つの注文を出すOCOというのもあります。OCOは二つの注文を出してどちらか一方が成立したらもう片方が取り消される仕組みになっています。最初のうちはイフダンとOCOの違いがわからず混乱したことがあったのですが、イフダンのほうはただの予約注文で、OCOの方は2つのイフダンの注文を同時に立てると覚えておくといいかもしれません。

イフダンとOCOを合わせたIFOという注文方法もあります。最初の注文ができたら後は自動的にOCO注文に入るというシステムです。三つの注文が同時に出せるので一回で新規、利確、損切りができると覚えておくといいかもしれないです。

FX会社によっては自動売買の注文の種類が異なることがあるので、どれが使えるのか口座申し込みのときに確認しておくといいと思います。IFD、OCO、IFOは使いこなせるようになると無駄な時間を節約できます。